歯学部SCHOOL of DENTISTRY

最新医療、本学の特徴を活かした教育により
幅広い知識や技術を修得します。

今日まで、岩手医科大学の建学の精神である「誠の人間の育成」を実践しながら、人を思いやる心や健全な視点を持ち合わせた歯科医師育成に取り組んできました。今や歯科医学は、全身管理の観点からアプローチする時代です。そのため歯学部では、最新の歯科医療技術のみならず、医学部・薬学部・看護学部を擁する本学の特徴を活かした医科学の講義や4学部合同学生セミナーなどを通して幅広い知識や技術を修得します。また、ハーバード大学歯学部と提携し、歯学部改革プロジェクトを進行中。国内はもとより、世界で活躍できる歯科医師の育成を目指しています。

副学長・歯学部長三浦 廣行口腔医学講座 歯科医学教育学分野 教授

FEATURES3つの特色

ハーバード大学と同様の先進的カリキュラム
米国・ハーバード大学と同様のカリキュラム構成を日本に合わせたのが特徴で、実際の歯科治療に沿った講義や実習を中心に先進的な教育システムを展開しています。3年次からの臨床基礎実習、5年次の臨床実習などを通じて先進の環境に触れながら、科目の垣根をこえた知識・技術の修得を目指します。
医・薬・看護の知見と融合した総合医療教育
さまざまな口腔疾患は、医学や薬学とも深く関わっています。本学では4学部連携により、臨床歯科医学と医学部各科との関連性を学び、多面的な考え方、深く広い知識を修得。医・薬・看護の知見と歯学の融合によって、教育・研究・臨床での成果を高め、歯科の問題に留まらず、“総合的に診る”ことの重要性を基礎から身につけます。
6年間をトータルにサポートする「Society system」
Societysystemは、学生と教員および学生同士の意思疎通を円滑にし、学修への取り組みや卒業後の進路など、学生生活のさまざまな問題の解決を図る制度。歯学部1~6年の各学年10名程度を基準としたSocietyを作り、各Societyに3~4人の担当教員(Tutor)がいます。このsystemの採用によって、個々の学生を総括的にサポートすることができます。

DATA入学者データ

「令和2年度入試結果より」

CURRICULUMカリキュラム

SUBJECTピックアップ科目

歯科医学概論[1年次]
歯科医学は医学の一分野であるとともに、口腔領域、口腔疾患の独自性・特殊性から独立した領域を形成しています。そのため、医学・歯学についての幅広い知識・技能、および問題抽出・解決能力のほか、口腔保護・歯科診療の専門職としての必要な基本的態度を身につけることが必要となります。歯科医学概論を通じて、これから学ぶ歯科医学・医療の本質を正しく理解するとともに、歯科医学を学ぶ意欲と歯科医師としての基本的態度を身につけます。
臨床歯科医学[3・4年次]
3年次後期から4年次にかけて、臨床の流れに沿って「医療面接」「診断・予防」、歯科の基本となる「保存系」「補綴(ほてつ)系」の治療学、専門性の高い「隣接医学」「全身管理系」「口腔外科系」「成長発達歯科医学」「先進医学」に関する9つの臨床コースを設定。関連する臨床・基礎科目を含めた統合的な講義を実施することで、より理解しやすい構成であると同時に、「実践的歯科治療」を意識して学ぶことができます。
歯科理工学[2年次]
歯科医療では多くの種類の材料や道具を使用します。歯の代用となる材料を始め、噛み合わせの調整器具、歯型を採る材料、鋳型材料や削り出し成形のCAD/CAM器械に加え、最近では再生医療を支える材料も加わっています。歯科理工学では、材料や器具・器械を適切に選び、扱うために、どんな治療場面で使用するかを考えながら、材料や器械の種類、性質・特徴を系統的に学びます。
臨床実習[5年次]
基本的な診療能力を修得するため、CBT、OSCEに合格した学生が行う実習科目。2012年度からはハーバード大学方式の診療参加型臨床教育を行うため、学生主体の診療室として先進総合歯科(A)を開設。指導医とともに診療に主体的に関わり、患者様の治療計画の立案を行い、実際の診療に参加します。最終的には自分が担当した1症例について、ケースプレゼンテーションを行います。
解剖学[2年次]
医歯連携授業・実習の一環として、2011年度から歯学部・医学部の合同解剖実習をカリキュラム化。最新の実習室を備え、最大220人の医・歯学生が同時に実習を行っています。本科目では、単に人体の構造を再確認するのみならず、直接、臨床に関する知識を組み込み、歯学部・医学部の教員が学部の壁を越えて指導。これによって、全身をトータルに診ることのできる歯科医師の養成を目指します。
総合講義Ⅱ[6年次]
6年次では、4~7月の間に知識の総まとめを行い、秋以降は国家試験の頻出分野や模擬試験の弱点分野に特化した講義を実施。具体的には、理解力を向上させるために関連テーマの講義を近接に配置したり、6年生が自習できるソサエティルームを確保し、担当教員がきめ細かな指導を行います。また、教員と目標設定などの面談を頻繁に行いながら、試験対策を全面的にサポートしています。

COURSE卒業後の進路

6年間の学部生活を終え、歯科医師国家試験に合格すると、臨床研修歯科医としてスタートを切ります。患者様とのコミュニケーションを始め、様々な専門性・スキルの習得を図る卒後臨床研修。1年間にわたる実践的なプログラムで基礎力を身につけます。学外の医療機関で実地体験を重ねるのと並行し、大学院で探究に励むことも可能です。修了認定を経て、それぞれの進路が具体化します。

PRACTICE
MINI LECTURE実習・ミニ講義