医学部SCHOOL of MEDICINE

あすの地域医療と先進医療を支える
人間性豊かな医師をめざして。

学是「誠の人間たれ」の精神のもと、患者さんの痛みに寄り添って良質の医療を提供するとともに医学の発展に尽くすことのできる全人的医療人をめざして学んでいきます。医・歯・薬・看護の4学部が同じキャンパスで共に学ぶ強みを活かした体系的・実践的カリキュラムを通して、チーム医療の中核である医師としての確かな知識・技能・倫理観を身につけ、これからの地域医療や高度先進医療の現場で活躍するプロフェッショナルとして羽ばたいていきましょう。

医学部長佐々木 真理医歯薬総合研究所 超高磁場 MRI 診断・病態研究部門 教授

FEATURES3つの特色

医・歯連携講座で医療を統合的に学びます
医学部・歯学部の基礎系講座を一本化した「統合基礎講座」は、本学ならでは。学部の壁を越えて医療を総合的に学ぶことができる講座として、全国に先駆けて開設しました。合同カリキュラムのもと講義・実習を行うことで、将来、チーム医療に携わるための連携力を修得。多面的かつ全身レベルで疾病を診ることのできる医師を育てます。
幅広い知識・視野を養うテーマ別カリキュラム
幅広い知識・視野を養うため、早期から医学・医療の現場を体験するカリキュラムを設置。1年次では看護・介護施設の実習、2年次では救急センターでの当直、3年次では救急車への同乗、救急心肺蘇生法の実技などを実施しています。テーマ別に編成された教育メニュー、地域医療の実践に即した意義深いプログラムで、様々な医療の関わりかたを学びます。
個性と協調性、実践的な知識・技術を育みます
スモールグループ制、チームワークの意義を学ぶ1年次全寮制を導入。教員との距離も近く、個性と協調性を育みながら、確かな実力を培います。4年次後半からの臨床実習では、最先端の高度専門医療を体感しながら、実践的な知識・技術、医師としての姿勢を修習。患者様の視点から考える、臨床現場に直結した教育を展開しています。

DATA入学者データ

「令和2年度入試結果より」

CURRICULUMカリキュラム

SUBJECTピックアップ科目

症例基盤・問題解決型学修(入門/実践/発展)[1~3年次]
頭痛、胸痛、腹痛などの様々な症状を訴える病者に対して、どのようなアプローチで病気の診断と治療を行えば良いか、またそれを論理的に進める際に必要な基礎医学の知識と基本技能が何かを、少人数グループで調べて、発表と討議を行います。本コースは、基礎および臨床医学の修得状況と並行して、症候と病態生理を1年次から3年次に段階的に学修できるように構造化を図っています。
研究室配属[3年次]
3年次にいずれかの講座・分野・部門に配属となり、研究課題の問題解決手法を学び、研究に取り組みます。学生はまず医学・生命科学研究の現場を体験し、研究者らと協議した上で自らの研究課題を選択。そして研究プロセスや導き出された結果から、自らの考えを構築することを試みます。最終的には全員が発表会に臨み、自身の研究結果を発表します。
看護・介護体験実習[1年次]
早期体験学習の第一段階。都市エリア、農漁村エリアを問わず、地域のコミュニティに根ざす医療人を目指す過程では、看護ならびに介護の現場体験を積むことも重視されます。チームの一員として看護ケアや施設介護に携わるほか、医療と福祉をめぐる法制度、社会保障の現状と問題点などを把握した上で感想や見解をまとめます。
基本的臨床技能実習[4年次]
4年次に、約4週間の実習スケジュールが組まれます。実習の目的は、臨床医として身につけるべき基本技能の修得を図ること。臨床実習ならびに高次臨床実習の前段階として位置づけられています。実践をシミュレートし、各講座の教員が講義と実習を担当。学生同士のロールプレイングも取り入れ、医療面接や部位別の診察のほか汎用的な内容を学びます。
臨床解剖学[2年次]
正常人体構造に関する知識を修得し、応用する知恵を身につけるため、実物をもとに実習を行います。篤志献体された人体標本を自らの手で解剖することで臨床医学を学び、医療活動を行う上で必要な人体の構造の多様性を理解するとともに、用語を的確かつ正確に想起できるようになります。また人体構造の精妙さをスケッチすることで、人体に対して畏敬の念を持つとともに、事象を的確に図式化することの難しさを学びます。
地域医療臨床実習[5年次]
5年次では、これまで座学や臨床実習で培った知識・技能をさらに現場で体感するため、県内外の中核病院を拠点とし、周辺の医療圏全体の医療機関・関連施設で約1か月の学外病院実習を行います。地域の現場で患者さんと接することにより、患者さんが地域の中でどのように暮らしていくのか、様々な地域の状況下においてそれぞれのニーズにあった医師とはなにかを学びます。
地域医療研修[3年次]
社会に貢献する医師の育成に向け、モチベーションのアップと涵養を図るべく、実際に県内外の医療機関に赴き、1週間の研修を行います。現場の医師の姿を捉え、急性期から慢性期のケアを通して医療の全体像・医師と患者様との関係を学ぶとともに、地域医療の実態に触れることで、職業人としての使命感を胸に刻みます。

COURSE卒業後の進路

医師国家試験に合格すると、臨床研修医として新たなスタートを踏み出します。研修したい希望の医療機関を挙げ、受け入れ先が決まったら、2年間を目処に医療現場で実務を経験。プライマリ・ケアに重点を置きつつ、認定医や専門医への意欲を高めます。研修医として働きながら大学院で学ぶことも、また特化した領域の専門研修で技量を高めることも可能です。

REGULAR CLASS
MINI CLASS通常授業・ミニ講義