薬学部SCHOOL of PHARMACY

新たなる薬学の創造へ。
新しい時代の薬剤師を目指しましょう。

入学と同時に、しっかりとした教養教育と幅広く高度な基礎科学の教育を行います。そして、病院、薬局、製薬企業、研究機関など幅広い薬学の領域で活躍することができるように、充実した専門教育を始めます。教員が切磋琢磨しながら研究し、学問の進展と興奮を学生に伝えます。教室で、研究室で、そして現場での実務教育を通し、問題を発見し、解決する能力を発掘し、伸ばしていきます。また、医学部・歯学部・看護学部・附属病院との連携により、最先端の医療に触れながら学ぶことができます。真の医療人としての心構えと態度、高度な知識と技術を身につけた即戦力となる人材を育成します。

薬学部長三部 篤薬剤治療学分野 教授

FEATURES3つの特色

1年次から段階的に学ぶ医・歯・薬・看連携教育
4学部の学生が同じグループとなり、合同で医療に関わるテーマについて学修・討議しグループ発表を行います。1年次での「多職種連携のためのアカデミックリテラシー」に始まり、3年次では「チーム医療リテラシー」、6年次では「4学部合同セミナー」や「実践チーム医療論(病棟実習)」と、高学年になるほど高度な内容になります。
多彩な体験を通して医療人に必要な基礎力を養成
基礎学力の早期確立と並行し、薬学を理解し、医療人としての心構えを身につけるため、1年次から専門家による実践的な体験授業を展開。救急救命医や看護師によるAED(自動体外式除細動器)を用いた心肺蘇生方法講習や不自由体験、附属病院や調剤薬局、製薬企業の見学、看護体験実習など、多彩な体験を通して医療人に必要な基礎力を養います。
先端的研究を通して問題解決能力を身につけます
4年次から希望するテーマに応じて分野研究室に配属。マンツーマン指導による薬学分野の先端的な卒業研究を行い、問題解決能力や問題発見能力を身につけます。医・歯・看の各学部の講座との共同研究に参加することもあります。5年次には、病院と薬局で実務実習を行い、薬剤師としてのスキル、チーム医療の本質を学びます。

DATA入学者データ

「令和2年度入試結果より」

CURRICULUMカリキュラム

SUBJECTピックアップ科目

薬学入門・早期体験学習[1年次]
「命と向き合う医療人の使命」と「社会に貢献するための礎」を学び、生涯にわたって医療人としての向上心と研究心を持ち続けることの重要性の自覚を促します。そのために、本学附属病院、薬局などの医療関連施設の見学、救急救命法、心肺蘇生法、および応急手当法の体験を行います。さらに、医薬品の種々の性質、患者様の適正使用と薬剤師の役割を学び、健康の維持と疾病を治療することの大切さを実感します。
医薬情報科学[4年次]
高血圧や糖尿病の患者様は、定期的に処方せんの薬をもらいに薬局に足を運びます。薬剤師は、薬の飲み方、効き方、副作用などの「情報」をもとに適切な説明を行います。治療の過程で「この薬はよく効く」とか、「どうも効かなくなってきた」などといった患者様の言葉は、大切な「情報」です。医薬情報科学では、薬剤師自らが行う情報「収集」、「分析」、「活用」について学びます。
創剤学1[2年次]
病気に効果のある化合物は、そのままでは薬になりません。薬にするためには、錠剤や注射剤といった剤形にする必要があり、このステップに必須なのが「創剤学」です。薬を創るという過程を学修するのは薬学部だけであり、創剤学1では剤形の基礎を様々な角度から学びます。また、必要な患部にのみ集中的・効果的に投薬したり、副作用を軽減したりするDDS(薬物送達システム)の基礎についても学修します。
卒業研究[4〜6年次]
4年次から6年次まで実施される卒業研究では、薬学部生全員が17分野に配属され、各講座の研究テーマに従って取り組みます。研究内容は、物理化学、有機化学、生化学、薬理学、衛生学、医療薬学など、実に多彩。4年次までに身につけた知識・技術をもとに、試薬、実験器具、培養細胞、実験動物などの扱い方を習得し、データの解析能力、学術論文の読解力、プレゼンテーション力を高めます。
有機化学実習[3年次]
医薬品の多くは合成された有機化合物です。有機化合物の構造や反応性については関連する講義を通じて学びますが、本実習では講義で学んだ内容を中心に、薬の合成、医薬品の確認試験、およびノーベル賞で有名な有機反応などを実施します。また、ただ単に実験操作を行うのではなく、実験に対する問題発見や解決方法などについても一緒に学んでいきます。
地域医療マネジメント概論[6年次]
少子高齢化の中、住み慣れた地域で、医療や介護を継ぎ目なく受けることができる地域包括ケアシステムの構築が求められています。そのため多職種が連携し協力し合い、また地域の協力を得て、患者様の生活を支援する必要があります。患者様が望む医療の中に自宅で家族と共に時間を過ごしたいというニーズがあり、そのために在宅医療が必要となります。在宅医療において医師をはじめ多職種がどのような役割を果たしているかを知り、薬剤師に求められている役割と在宅医療の基礎知識と態度を学びます。

COURSE卒業後の進路

保険調剤薬局・病院の薬剤部・ドラッグストアを始め、薬剤師の資格は、様々な社会分野で活かせます。医薬品メーカーでの創薬・製剤に取り組んだり、生命科学の観点で食品や化粧品の開発に携わるなどの進路も考えられます。このほか、教育・研究職、薬務行政機関、保健所なども有力な選択肢。2013年度には大学院が新設され、さらに専攻を深めていくことも可能になりました。