看護学部SCHOOL of NURSING

最先端の高度医療、地域医療、
チーム医療を担う優れた看護専門職者を養成。

看護学部は、看護職者として必要な知識、技能、態度を修得し、チーム医療や地域において活躍できる、人間性豊かな人材の育成を目指しています。看護学部のカリキュラムは、充実した教養教育を基盤として、医・歯・薬の各学部の教員や学生と共に学びあうことで、広い視野を持ち、科学的探究心にあふれた医療人となるよう設定しています。最新・最先端の高度医療、地域医療、チーム医療を担う優れた看護専門職者を養成し、岩手県のみならず東北地域全体の総合医療の推進を図るとともに、現役看護専門職者の資質向上にも寄与していきたいと考えております。

看護学部長嶋森 好子共通基盤看護学講座 教授

FEATURES3つの特色

在宅看護、地域包括ケアを踏まえたカリキュラム
在宅看護ケアをイメージした在宅看護実習室など、最新鋭の機器を備えた実習室で基礎的な看護の技術を学び、高度先進医療を行う大学附属病院を中心に実習を行います。また、地域包括ケアにおける看護職の役割を発揮できる基礎的な能力を身に付けるために、1年次から地域看護について学んでいきます。
チーム医療において中心的な役割を担うために
医・歯・薬・看護の合同キャンパスでチーム医療の原点を学び、より多角的な視点から看護学を考察します。その上で、医療安全や災害ケア、緩和ケア、看護政策など先進的かつ応用的な学びを通して、チーム医療において中心的な役割を担うことができるような素養を身に付けます。
専門知識と技術の向上を図る臨地実習
高度かつ専門的な臨床教育を通して専門知識と技術の向上を図ります。1年次は病院や福祉施設で行われている看護活動を知る体験実習、2年次では病院における看護ケアを実際に行う実践実習、3・4年次では大学附属病院の外科や内科、小児科、産科病棟などでの実習、さらに、実習の目的にあわせて、学外の病院や在宅、福祉施設などでの実習を行います。

DATA入学者データ

令和2年度入試結果より

CURRICULUMカリキュラム

SUBJECTピックアップ科目

看護学概論[1年次]
本科目は、看護学の導入部分であり、かつ各看護専門領域への橋渡しの役割を持っています。具体的には、看護の歴史的変遷、看護の対象、健康と看護、看護活動の場・内容・方法そして看護職の役割、多職種の存在と連携の重要性などを学び、看護の特徴を理解します。それにより看護を概観でき、今後の学修のイメージをもつことができます。
臨地実習[3年次]
臨地実習は、本学附属病院を中心に岩手県内の施設で「基礎看護学」「成人看護学」「老年看護学」「小児看護学」「母性看護学」「精神看護学」「在宅看護学」「統合」の専門科目ごとに行います。既修の知識・技術を統合させて看護実践能力を向上させていくことを基本方針とし、チームの一員として活躍できる看護者の育成を目指し、医療専門職連携を意識した実習を行います。2019年度以降は矢巾キャンパスの新附属病院を中心に行います。
地域看護学I[1年次]
看護専門職として、地域で生活する人々の健康を支える視点を学びます。目標としては、プライマリ・ヘルスケア、ヘルスプロモーションおよび地域包括ケアなど地域看護の基本的な知識を身に付け、人々の健康ニーズをライフサイクルや健康レベルによって理解します。また、疾病予防や健康を保持増進する活動について基本的知識を理解し、プライマリ・ヘルスケアの概念に基づく医療活動、そして生活支援をする福祉活動を学び、看護職の役割を理解するとともに、地域で活躍する看護職の看護活動の実際を知ります。
看護管理学[4年次]
看護は、個人、家族および集団など様々な対象に提供されるサービスです。安全で質の高い看護サービスを継続的に提供するためには、看護管理(看護サービス管理)が不可欠です。本科目では、看護管理を行う上で必要な看護サービスの特徴、サービス提供のための組織化、サービスの質評価と改善および組織変革倫理などについて学びます。また、リーダーに必要な能力について学ぶことを通して、多職種が連携して行う医療サービスの協働者として、leadershipやfollowershipを発揮するための基本的な態度を身につけます。
小児看護学概論[2年次]
現代社会における子供とその家族の健康上の問題や小児看護の特性を学びます。主な内容として、小児看護の概念、小児保健の動向、小児看護の変遷と課題、小児看護の機能と役割、成長・発達の指標と評価および小児の各成長・発達段階(新生児・乳児期、幼児期、学童期、思春期)に応じた看護を学びます。また、子どもの権利の視点に立ち、小児のインフォームド・コンセントおよびインフォームド・アセントについて学びます。
公衆衛生看護学実習[4年次]
保健所および市町村などの業務に参加・見学し、地域住民に対する保健活動を学びます。地域特性や住民のニーズに対応した保健師活動の展開、行政における保健師の役割や機能について学修します。具体的には地域の健康課題を把握するための情報収集を行い、地域の健康課題をとらえる方法を学修し、地域保健活動としての家庭訪問、健康相談、健康教育およびグループ支援などの実際の体験または見学することで、地域保健活動の機能を理解します。地域保健事業の法的根拠と事業の実施そして予算の確保について学び、保健所などの組織としての機能について学修します。
医療安全論[2年次]
日本の医療において、医療安全確保が重要な課題となった歴史、医療安全確保に必要な基本的な考え方、医療現場で発生しやすい事故やその防止対策について学ぶことによって、医療安全確保の重要性を認識します。医療現場で起こりやすい事故の発生を防止するための組織的な対応、現場で行うべき基本的な安全行動の実際、安全文化の醸成の重要性を学ぶことによって、臨地実習や卒業後の実践場面において、安全が確保された行動を実施できるようになります。また、事故発生時に現場で行うべきことを、事故が発生した組織や個人が負うべき法的責任や被害者および事故当事者への支援のあり方について学びます。
助産学実習I[4年次]
妊娠期、育児期にある対象者への病院など以外での助産ケアについて、その実際を体験的に学修します。また、開業助産師の助産活動の実際を通じて、助産師の専門性発揮に向けたあり方や関連機関との連携の持ち方について理解します。具体的には、各自治体の保健センターなどで実施されている地域母子保健の実際(家庭訪問、母子健康手帳交付、両親学級など)、職能団体が実施する地域母子保健活動および助産所での助産ケアの実際について学修します。

COURSE卒業後の進路

少子高齢化の進展、医療環境の変化などを背景に看護の資格を活かして活躍できるフィールドは拡がっています。看護師・保健師・助産師として専門性を発揮できる場は、病院や診療所だけでなく、保健所や市町村などの行政機関、訪問看護ステーションや介護施設、助産院、学校や企業など多岐にわたっています。また、専門看護師や認定看護師、教育研究者、看護管理者を目指す道、大学院への進学もあります。

MINI LECTURES
EXPERIENCE EXERCISESミニ講義・体験演習

NURSING TRAINING CLOTHES看護実習着